ニキビ予防とニキビ跡ケアのためにはやっぱり洗顔石鹸

pxtvhkj4m2xq639ニキビは予防が一番重要です。
でもできてしまったニキビの跡をケアすることも忘れずにしなければなりません。
今回はニキビ予防とニキビ跡のケアについて洗顔石鹸のメリットを考えてみましょう。

■ニキビ予防のためには
ニキビを予防するには、毛穴の中の皮脂分泌異常を改善することが必要です。
つまり皮脂は分泌過剰でも分泌不足でもニキビの原因になるので、肌の保湿が重要になります。

その上で毛穴の不必要な皮脂をきれいに取りのぞくことが大切です。
そして肌のターンオーバーの改善をし、角質の代謝を正常にしていく必要があります。

■ニキビ跡ケアのためには
ニキビ跡のケアはやはりピーリング効果と肌再生サイクル向上に尽きるのではないでしょうか。
つまり肌の代謝サイクルであるターンオーバーが活発になると、どんどん古い皮膚が剥けて
新しい肌が再生されるようになります。

それによって肌の凸凹もだんだん目立たなくなるのです。
洗顔石鹸にピーリング効果があれば、それもニキビ跡ケアにはおすすめです。

■石鹸がいいのはなぜ?
洗顔石鹸は、成分的にも肌に優しいものが多く、特に合成界面活性剤など無添加で肌の改善にも高い効果があります。
ニキビ肌はデリケートな肌なので、できるだけ天然素材の安心洗顔石鹸がおすすめです。

また、洗顔石鹸は泡立ちも良く、泡は肌を擦ることなく洗浄効果も高くなるので、ニキビ肌にはピッタリなのです。
そして洗顔石鹸は洗顔料の5分の1の油分でできていると言われています。

特に洗顔石鹸にはステアリン酸やパルチミン酸が含まれるパーム油が使われていることが多く、肌に優しく皮脂などを取りのぞいてくれます。

■まとめ
ニキビ予防もニキビ跡ケアも、どちらも肌の保湿を整えターンオーバーを活発にすることが重要となります。
ターンオーバーを正常にするためには、やっぱり洗顔石鹸の方がおすすめのようです。