アンチエイジングを目的とした洗顔石鹸の選び方と使い方

鏡を見て、しわやたるみが目立っていませんか。突然増えたように思えますが、徐々に進行しています。しわがあると実年齢より5歳以上老けて見られるので、早めのお手入れが大切です。例えば洗顔石鹸でアンチエイジング対策ができるみたいです。

アンチエイジングとは

アンチエイジングとは今風の柔らかい言い方です。実際には老化予防です。プチ整形などもありますが、それは最後の手段です。

食生活の改善や適度な運動も有効なアンチエイジング対策です。もちろん洗顔など、日々のお手入れも不可欠です。石鹸の選び方や使い方次第で、お肌の状態が大きく変わることも稀ではありません。

刺激が強すぎたり、お肌に合わない石鹸を使っていると、かさついたりしみが残ることもあります。適した洗顔石鹸をチョイスしましょう。

使い分けながら調子を整えましょう

年齢とともにお肌の張りが失われたり、シミが消えにくくなるのは、仕方のないことです。とはいえ諦めることはありません。地道に洗顔を続けることで、徐々にですが回復させることは可能です。

まずはお肌の状態を確認しましょう。例えば黒ずんでいたり毛穴の広がりを感じているなら、洗浄作用を謳う石鹸を選びましょう。汚れが落ちるだけで見た目は変わります。

たるみが気になるなら、栄養成分が含まれているタイプがおすすめです。プラセンタやアミノ酸、大豆イソフラボンなどが効果的です。

ただし敏感肌の人は、いきなり添加剤の多い石鹸を使うのは控えた方がよさそうです。慣れない間は、朝シンプルな石鹸で洗顔し、夜に栄養補給する。使い分けながらお肌の調子を整えていきましょう。

なお洗顔しながらマッサージすることも重要です。顔の筋力が衰えたことこそ、しわやたるみの原因だからです。